月日百代過客

日常の事をつらつらと

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   Comments: --

春めいて  

Nikon FM2, NOKTON 58mmF1.4 SL II
IMG_20170312_0031-2.jpg

四月に入りました。
まだまだ肌寒い日が多いですが、春がそこまでやって来ているという気配がします。
最近はブログを書く余裕なんてなくなってしまいましたが、
写真はいつも通り撮り続けています。

息子は1歳を過ぎ、おぼつかない足取りで歩き始めています。
歩き始めって、怖がって一歩を出せないわけじゃないんですね。
何も怖がらずに足を出し、ひたすらコケながら、怪我をしながら、泣きながら、
歩き方を憶えていくんですね。

親父として、化学者として、教師として、
僕もそうでありたい。



スポンサーサイト

Posted on 01:23 [edit]

category: 家族・親族

tag: NikonFM2  NOKTON58mm 

100日  

Hasselblad 503cx Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8
IMG_20160604_0044-3.jpg

息子が100日を迎えました。
ケーキを買って、少し御めかしをして、健康に過ごせた100日間を細やかに祝いました。
少しずつ反応が見え始めている息子。
これから賑やかになりそうです。


Posted on 01:58 [edit]

category: 家族・親族

tag: Hasselblad  Planar80mm 

Hi, my son  

Nikon FM2, NOKTON 58mmF1.4 SL II
IMG_20160301_0016-3.jpg

佐世保へ来て早一年。
でも実は全然早くなかったかな。
たくさんのことが起きて、全力で駆け抜けた一年だったと思います。
もう少ししたらまた新しい一年が始まります。
どういう時間が流れるのか、やはり楽しみで仕方ない。
しっかりと自分にハードルを用意していこう。

先月、長男が産まれました。
思えば写真を始めたのは自分の子供の写真を上手に撮りたかったからでした。
まだ見ぬ自分の子供を、一枚目からしっかり撮りたいと。
そのためにいったい何回シャッターを切ってきただろう。
いざ産まれると、ファインダー越しに息子を見ると、
"上手"な写真はやっぱり要らないかな。

ここからは記録係の始まりです。
数は多くなくていいから、時に感じて思い起こしたくなる写真を撮っていこう。
彼がいつも戻ってこれる場所を作っていこう。

空の空。
すべては空。




Posted on 01:35 [edit]

category: 家族・親族

tag: NOKTON58mm  NikonFM2 

疾走  

Hasselblad 503cx Carl Zeiss Distagon T* CF 50mm F4
IMG_20150416_0024-2.jpg

新天地にて新生活がスタートし、早くも四ヶ月が過ぎようとしています。
この四ヶ月は、息継ぎなしで一気に駆け抜けました。
僕の将来を展望する上でとても大切な時間と位置づけたこの期間。
自分を隅々までじっくりと見つめなおし、
怖くても自分の欠点を再びあぶり出し、
現実と自分の可能性を突き合わせることで自分の居場所を探しました。

やって行ける気がしても、しなくても、やって行かなければならないのですが、
やっていけると信じています。

写真は長崎県佐世保市九十九島
これから僕が見つめ続けていく景色です。



Posted on 03:58 [edit]

category: 風景/建物

tag: Hasselblad  Distagon50mm 

旅立ちの季節  

Hasselblad 503cx Carl Zeiss Distagon T* CF 50mm F4
IMG_20140802_0003.jpg

突然ですが仙台からの投稿はこれが最後となります。
明日仙台を出立し、一路九州へと向かいます。
四月からは長崎県佐世保市で仕事を始めます。
韓国から帰ってきて一年、仙台での生活は明日をもって終了となります。
先生方、同僚の皆様に別れを惜しんで頂き心より感謝申し上げます。

大学院の途中で九州を出て早10年。
少し世界を広げて、妻と共に九州へ戻って参ります。

写真は去年のもの。
東北大学AIMRの学内に咲く立派な桜をバックに夫婦で撮ったものです。
今この桜の蕾は未だ硬く、東北が春を迎えるのはもう少し先になりそうですが、
僕は一足先に桜咲く九州へと新しい一歩を踏み出していきたいと思います。

佐世保では何が待っているのでしょうかね。
やはり人生は先が読めないからこそ楽しい。
これからも愉しみ、苦しみ、泣き笑う道を歩いてゆきます。


温和


Posted on 14:43 [edit]

category: 風景/建物

tag: Hasselblad  Distagon50mm 

Calender

Profile

Recent

Recent Comment

Monthly Archive

Links

Category

Flickr

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。